ニキビ用洗顔料ナビ!おすすめの洗顔料をランキングで紹介

ニキビは洗いすぎや強くこするのは逆効果

ダメ

ニキビができてしまった肌はとても敏感になっています。


そのため、たとえ小さな刺激であっても毎日繰り返し行われるようなものはできるだけ避けなければなりません


特に赤く腫れている赤ニキビと言われる状態の場合は、少しの刺激でも痛みを感じたり、普段は特に何も感じないようなコスメを使っても刺激を感じることもありますよね?


それにも関わらず、ニキビを改善するためにはしっかり洗って皮脂を落とすことが大事だという勘違いから強い洗浄作用のある洗顔料を使ったり、強くこすったりしてしまうのです。


そうすると、敏感になっている肌に繰り返し摩擦によるダメージを与えてしまうため、改善どころか炎症を悪化させてしまうことがあるのです。


また、ゴシゴシと擦ることによって肌に必要な油分まで落ちてしまうことがあるのですが、私たちの肌は油分と水分のバランスが整っていないと、肌のバリア機能が衰えてしまうのです。


一般的に敏感肌と言われる症状は肌の油分が不足して外部からの刺激に弱くなった状態ですが、ニキビ改善のために一生懸命洗いすぎてわざわざ敏感肌にしてしまうことがあるわけです。


そうなると、正常な状態であればそれほど気にならないような洗顔程度の刺激であっても、肌へのダメージを増幅させてニキビ跡が残り続けてしまったりするので注意が必要です。


ニキビの予防と対策には泡で優しく洗うことが大切

優しく洗顔

ここまでの話で、ゴシゴシと強くこするような洗顔はニキビを悪化させるだけであること理解してもらえたと思います。


では、どのような洗顔方法がいいのでしょうか?


基本的な洗顔方法としては、とにかく強くこすらずにやさしく洗うことです。


やさしく洗うと聞くと力の入れ方や手の動かし方、使う部分などやり方ばかりに注目してしまいがちですが、細々としたテクニックよりも実はどんな洗顔料を使うかということの方がとても重要になってきます。


なぜなら、刺激をしないようにいくら気を付けたところで、手の感覚などそれほど微妙にコントロールできません。どう頑張ってもちょっと気を抜いた時などに強くこすってしまうようなミスは発生してしまうわけです。


このような人的なミスを無くすことは難しいので、多少力が入ってしまっても刺激を与えてしまわないように、手のひらと顔の皮膚の間にしっかりと泡のクッションをつくるようにすることが重要になってくるのです。


きめの細かい泡をいっぱい使って洗うことで、手と肌が直接触れることがなくなるため刺激が軽減されます。


そうすることで、炎症を悪化させてしまう要因を取り除くことができるのです。


そのためには、しっかりとした泡立ちであること、さらに泡自体の弾力が強い洗顔料を選ぶ必要がありますよね。


もう少し細かく言うと、


  • 泡が豊富で弾力があり
  • 誰でも泡立てることができて
  • 肌への刺激がある成分の入っていない
  • ニキビの炎症を抑える成分の入ったもの

ということが必要になってきますね。


いくらしっかりとした泡ができたとしても、特殊なテクニックが必要で再現性が無ければ意味がありませんからね。


そんな理想的な洗顔料があるのか?と思うかもしれませんが、ちゃんとあるのです。それはニキビ用洗顔料ですね。


この石鹸は本当に泡立ちもよく、ニキビケアで重要な抗炎症成分や保湿成分もふんだんに配合されているので、すでに炎症を起こしてしまっているけど、どんな洗顔料を選んでいいかわからないとういう方にも強い味方になってくれるでしょう。


ニキビをしっかりと治したくていろいろケアを頑張っているのに一向に改善されないという方は、実は洗顔方法に問題があるのかもしれません。


そういった方は、洗顔料を変えることによって刺激を緩和してあげることで刺激に強い健康な肌を取り戻し、長引くニキビが改善していく可能性があるので、一度ニキビ用洗顔料の使用を検討してみて下さい。