ニキビ用洗顔料ナビ!おすすめの洗顔料をランキングで紹介

ニキビケアに合った洗顔料を使っていますか?

ダメ

ニキビは予防にも対策にも洗顔がとっても大切だということは、ほとんどの方が知っていることだと思います。


化粧水や美容液をいくら一生懸命塗っていても、その前の段階にある顔の洗い方が間違っていたらその後の努力も水の泡ですからね。


だから今抱えている肌トラブルに合った洗い方を実施することが重要で、そのためにはどんな洗い方をするか?というやり方以前に「どんな洗顔料を使うか」が大切なのです。


そこでおすすめなのがニキビ用の洗顔料なのです。


では、さっそく「選び方」や「おすすめの商品」などを紹介しますので、参考にしてみて下さい。


すぐにおすすめの商品を知りたい方はニキビ用洗顔料のおすすめランキングを参照して下さい。



洗顔料の選び方で大切なこと

優しく洗顔

理想的な顔の洗い方を実践するためには使用する洗顔料選びが大事だと言いましたが、ニキビ用と書かれていればなら何でもいいというわけではありません。


一般的にニキビケアのための洗顔というと、とにかく皮脂などの汚れをしっかりと落とすことが大切だからと思って洗浄力の強いスクラブ入りのものや、殺菌作用のあるものを選びがちですが、それよりも大事なのは


肌への刺激を極力減らすこと

です。


皮脂は一般的な石鹸であれば泡で優しくなでるだけでも十分落とすことができます。


そこを勘違いしてゴシゴシ洗って皮膚を刺激してしまうと


  • 炎症が悪化
  • 刺激による角質が厚くなる
  • 乾燥による皮脂の過剰分泌

といったように症状がひどくなったり、または再発させてしまう条件がそろってしまうのです。


だから、肌への刺激を減らすように工夫されたものを選ぶべきなのです。


具体的に刺激を減らすために必要な条件としては


  • 弾力のある泡を豊富に作れること
  • 擦らず汚れを吸着できること

のどちらかを満たすことが大切です。


弾力の泡をたくさん作ることができると、多少力を入れてしまっても常に泡がクッションとして介在してくれるので、顔の皮膚が直接擦ってしまうのを避けることができます。


また、泡ではなく汚れを吸着する性質のある成分(炭や泥など)を配合したものあれば、そもそも擦らずに汚れを落とすことができるので肌への刺激を軽減できるわけです。


以上の条件を満たすおすすめのニキビ用洗顔料をランキング形式で紹介しますので、好みに合ったものを選んでみて下さいね。


ニキビ用洗顔料のおすすめランキング

 

ノンエー

ノンエーの特徴

ノンエーはニキビ用の洗顔料としては長期間人気を維持しており、すでに定番になっているので使ったことのある方も多いでしょう。
弾力の強い泡を簡単に作ることができ、しかも抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、刺激を避けつつしっかりとケアができるのです。
初めての方は返金保証もついてくるので、これを選んでおけば決して損はしないと思います。

価格 2,940円(税込)
返金保証 10日間
評価 評価5

 

ビーグレン

ビーグレンの特徴

ビーグレンは角質層の奥まで浸透させる特許技術でニキビケアにおいても化粧水や美容液などが大人気ですが、新発想の洗顔料も注目されています。
ノンエーとは真逆の発想で、泡立てるのではなく泥成分によって汚れを吸着するため擦る必要が無く、お肌への刺激をより少なくなるよう配慮されているのです。
ビーグレンでも人気の化粧水や美容液などがセットになったトライアルセットがあるので、まずはこちらを試してみるといいでしょう。

価格 1,800円
返金保証 365日間
評価 評価4

 

然 よかせっけん

然(しかり) よかせっけんの特徴

よかせっけんは刺激を避けるためにもっちり泡で洗えるように設計されており、さらに抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しており、ニキビのある肌にもぴったり。
累計販売個数2,200万個という驚異の実績!
コラーゲンやローヤルゼリーなど美容成分も豊富で洗い上がりのしっとり感も評判です。

価格 1,841円
返金保証 なし
評価 評価3.5

 

 

ニキビのある肌はちょっとした刺激にも敏感

ニキビができてしまった肌はとても敏感になっています。


そのため、たとえ小さな刺激であっても毎日繰り返し行われるようなものはできるだけ避けなければなりません


特に炎症がひどくなって赤く膨れている状態の場合は、少しの刺激でも痛みを感じたり、普段は特に何も感じないようなコスメを使っても刺激を感じることがあります。


それにも関わらず、症状を改善するためにはしっかり洗って皮脂を落とすことが大事だという勘違いから、強い洗浄作用のある洗顔料を使ったり、強くこすったりしてしまうのです。


そうすると、敏感になっている肌に繰り返し摩擦によるダメージを与えてしまうため、改善どころか炎症を悪化させてしまうことがあるのです。

洗いすぎで症状が悪化してしまう理由

間違った洗顔方法による刺激によって症状を悪化させてしまうのは何となくイメージができたと思いますが、実は洗いすぎによってニキビができやすい肌を作ってしまいます。


その理由は摩擦による刺激を繰り返すことによって


  • 乾燥肌の促進
  • 毛穴が詰まりやすくなる

ということが起こるからなのです。


乾燥肌の促進

顔を洗う目的は余分な皮脂汚れなどを落とすためなので、皮脂を落とすための泡を使って優しく洗うことで十分汚れを落とすことができます。


でも、中には手と顔の皮膚が擦れるような洗い方をしてしまっている方がいます。


皮膚を直接擦るような強い刺激を与えていると、皮脂だけではなく皮膚の表面にある細胞間脂質(セラミド)と呼ばれる油分まで落としてしまいます。


細胞間脂質は、肌の内側にある水分が逃げないように細胞の隙間を埋めてくれているものなので、減ってしまうと水分が逃げやすく乾燥しやすい肌になってしまうのです。


肌は乾燥すると潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌するようになるため、結果的にニキビができやすくなってしまうのです。


毛穴が詰まりやすくなる

また、肌に摩擦などの刺激を与え続けると、刺激を和らげようとして皮膚の表面にある角質層に厚みを持たせようとします。


角質層を厚くするためには、古くなって垢(あか)として剥がれるはずの角質を残しておく必要があるのです。


そのため、刺激を続けていると毛穴の周囲の皮膚が厚くなり、結果的に毛穴が埋められて詰まりやすい状態になってしまうのです。


このように、洗顔のやりすぎや間違った方法で続けていると、皮脂の過剰分泌と古い角質による毛穴の詰まりを促進させ、ニキビできやすい肌質を作り上げてしまうのです。


悩みの深くスキンケアをしっかりとやろうしている方ほど陥りやすい罠なので、肌を労わることを忘れずに顔を洗う時はとにかく優しく触れること、そのためには洗顔料選びが大切であることを忘れないでください。